両者の違いについて|カードローンなら気軽にお金の借り入れが可能です!

両者の違いについて

Array

では実際にカードローンを利用する歳に、どのような選び方をしていけばいいのか?
金融機関ごとにいろんな特徴がありますので、それぞれのメリットやデメリットをしっかり把握した上で吟味するようにしてください。

まず一般的には多くの人が「銀行のカードローン」を利用すると思います。
銀行の場合は銀行口座を給料の振込だったり、公共料金の引き落としに使っていると金利面において優遇されることがあります。
また大手の銀行だったらそれだけでも安心して利用できるでしょう。
主に1000万円くらいまでの限度額になっていることが多いので、大きな借り入れをしたい場合にはすごく便利です。

ただし、消費者金融などと比べると審査は遅めになります。
しかもかなり厳しめの審査がおこなわれるので、人によってはスムーズにはいかないかもしれません。
ただそうはいっても一部の銀行ではスピード審査を売りにしているところがあるので、そういうところを選ぶことで気軽に借り入れができる可能性が上がります。

そしてもうひとつが「消費者金融のカードローン」です。
おそらく消費者金融に関してはネガティブな印象が強いと思いますが、これはこれでメリットがあります。
まず銀行と比べると圧倒的に審査が通りやすいです。
そのためすぐにでもお金が必要な人は、こちらの方法で簡単にお金を調達することができます。

その代わり銀行よりも高い金利になる場合が多いので、返済がうまく終わらないといった人も出てくると思います。
あなたが長期的に利用しようと考えている場合は、あまり消費者金融のカードローンは向かないといえるでしょう。